自家製醤油ラーメン〜フランス留学 節約自炊生活レシピ〜

Bonjour ! パリパリマセマせのたーしーです。

今日のフランス自炊生活レシピは自家製醤油ラーメンです。スープ、具材、麺すべてフランスで買えるもので作っています 🙂

自家製醤油ラーメン完成

材料・コスト 二人前

自家製醤油ラーメン 材料

  • パスタ麺 250グラム。0.50ユーロ。
  • ねぎ 3分の1。1ユーロ。
  • 卵 2つ。0.50ユーロ。
  • 水 適量。
  • 重曹 適量。

合計 2ユーロ

調味料

  • 醤油 適量。
  • 白胡椒 適量。
  • 粉末だし 適量。
  • 昆布だし 適量。
  • 塩 適量。
  • 砂糖 適量。
  • ごま油 適量。

※スープの味付けの際に少しずつ濃薄で調整していきます! ので「適量」としか言えずすみません(汗)

チャーシューの材料

  • 鶏ハム 1パック。セールで1ユーロ。
  • にんにく ひとかけ。0.25ユーロ。
  • 醤油 大さじ5杯。
  • はちみつ 大さじ1杯。
  • 粉末ダシ 大さじ1杯。
  • 水 300ミリリットル。

合計 1.25ユーロ

作り方

(1)ネギを細かく切り薬味づくりをします。ネギの青い部分は、お肉・にんにくと一緒にチャーシューづくりに使います。20分程度煮込んだのですが、今回は鶏ハムでチャーシューを作ってみたので、少し煮込みすぎだったかもしれません。半分くらいの時間でも良いかもです。

また、にんにくが多すぎたのかすこーしだけチャーシューに苦味ができてしまったのでにんにくは少量で良いかと思います。

チャーシュー準備

(2)チャーシューを煮込むタレに、予め作っておいたゆで卵を漬けておきます。

煮玉子

(3)お湯を沸かし、上述の「調味料」でスープを作ります。ポイントは白胡椒とごま油。この二つでぐっと醤油ラーメンぽさが増します

(4)スープ、トッピングの完成が見えてきたら麺づくりです。麺はパスタ+重曹で作ります。ポイントは写真のように白い泡が立つくらい重曹を入れること

パスタ麺を茹でる

(5)スープ、麺、トッピングを組み合わせて完成。

感想

醤油ラーメン欲は満たせました!!

率直に言うなら、「なりたけ」以前のフランスのラーメン屋(伝わってほしい)で食べるラーメンに似ていたかな? 良く言えば健康的なさっぱり系醤油ラーメン。悪いく言えば淡白すぎて物足りない感じ。

そうはいってもとりあえずラーメンを今すぐに食べたい! という時には十分でした 🙂

上にも書きましたが白胡椒とごま油によってかなり完成度は高くなるのでお忘れなく

The following two tabs change content below.

たーしー

パリの大学で20世紀フランス文学(特に前衛詩)を研究しているクマ。フランスの時事、大学、奨学金、文学、レストランについての情報を中心にお届け。